病院案内

基本理念・沿革

多くの命を育む、やさしくそして豊かで懐の深いブナの森。浅田病院はブナの森のように心の躓きを持つ患者様を包み込み、育む、心の癒しの場であることを願っています。

・イメージコンセプト

イメージコンセプト
  1. ぶなの森の梢越しに空を見上げた構図です。
  2. 豊かで、深く、繊細かつ爽やかでありながら、どっしりとしたぶなの森の懐に抱かれて、多様な無数の命が共棲しています。
  3. そうしたぶなの森のようなスペースを人と人との間に創出し、様々な視点から「考えること」「感じること」「気付くこと」を分かち合い、共に学び、共に成長しあうことのできるスペースを大事にしたいと考えます。
  4. そのことが、患者さんご自身の心の中に、やがては豊かなこころのスペースが育っていくことにつながると考えるからです。

・理 念

  1. 高度な専門性
    • 浅田病院は、思春期青年期精神医療と精神医学リハビリテーションの専門的医療機関として特色ある病院を目指します。
  2. コミュニケーション
    • 浅田病院は、カウンセリングやグループ医療等心に触れるコミュニケーション技術を医療サービスの中心に位置付けています。
  3. 地域に問いかけニーズに応える
    • 浅田病院は、地域に開かれた病院づくりを進めるとともに、地域社会と手をとりあい、患者様の自立した生活に向け、きめこまかく援助します。
  4. 感度のよいチーム医療・組織
    • 浅田病院の職員は、全員が治療者の一員であり、常に、患者様の心の苦悩やそのサインに耳を傾け、理解し、援助することに努めます。
    • 浅田病院の職員は、一人一人がより良い医療サービスについて、「感じ」「考える」人であり続けることに努力します。

院長 浅田護

・沿 革

昭和45年11月
「浅田病院」 開設(105床)
初代院長に浅田成也 就任
昭和56年4月
開放病棟(B病棟)を55床増床し、計157床となる
昭和62年4月
浅田清子 第2代院長に就任
平成元年3月
医療法人あさだ会設立 理事長に浅田清子 就任
平成4年4月
浅田 護 第3代院長に就任
平成10年4月
A病棟43床増床新築完成(思春期・急性期・外来)計152床となる
平成10年11月
大規模デイケアセンター開設(50名規模)
平成14年4月
精神障害者小規模通所授産施設「スペースぶなの森」 開設
平成15年3月
精神病棟入院基本料Ⅲとなり、病棟別の病床数変更
152床(A病棟54・B病棟46・C病棟52)
平成16年12月
共同住居「初花荘」20世帯開設
平成17年12月
C病棟増改築
TOPへ